よくあるご質問

                            よ く あ る ご 質 問.jpg

 

 

             1.ガラスに水垢が、びっしり付いているのですが、水垢を落とすことが出来ますか?

                  水垢を落とせます。(状況により、かなり時間が掛かる場合もございます。)

 

             2.水垢が落とせない(取れない)事は、ないのですか?

                  汚れ(水垢の付き方)の度合いにもよりますが落とせます。但し、水垢がガラスの

                          内部に浸透している場合は、落とせません。

                        ( ガラスを削れないため。費用対効果の問題。)

 

            3.ガラスに傷が付いたり、白っぽくなったりしませんか?

                 研磨作業で水垢を落としますが、ダイアモンドパッド等を使用せず、また薬品系等

                   も使用しないので、ガラスに傷がついたり、白っぽくなったり(酸焼け)しません。 

     

            4.ガラスを磨く時に使用する研磨材は、ガラスや環境に影響ないのですか?

             当社の使用している研磨材は、微粒子シラス(火山灰)を使用した成分なので、

                       ガラスにも環境にも優しいものです。

 

            5.アクリル板やポリカボネートの色あせ・黄ばみは、綺麗になりますか?

             アクリル板やポリカボネートの素材が、劣化していない場合は綺麗になります。

                 (修復可能)

 

            6.アクリル板やポリカボネートに傷が付いてしまったのですが、消せますか?

                  修復は可能でしょうか?

             小傷だけでなく、深い傷(傷に対して直角に爪でひっかくと、爪が引っかかる場合)   

                    も修復は可能です。

                       但し、傷の付いている位置(場所)によっては、歪みが出る場合があります。

 

           7.ポリカボネートを拭いたら傷が付いてしまったのですが、傷が付かない方法など

                  ありますか?

             ポリカボネートは、素材が柔らかいので傷は付きます。

                 しかし、傷が付きにくくする方法はあります。まず、埃や砂埃等を水で洗い流し、

                 その後マイクロファイバークロスやメガネクロスで軽く拭き取ると傷が付きにくいです。

                 ポリカボネートの維持管理には、細心の注意が必要です。

                 ポリカボネートは、ハードコートの無いタイプと ハードコートを施工しているタイプがあります。

                      ハードコートを施工しているタイプの方が、傷は付きにくいです。

                ( ハードコートを施工しているタイプでも、使用状況により傷が付く場合もあります。)

 

            8.磨いた後の綺麗な状態は、どのくらい保ちますか?

             使用場所・保管状況・管理状況により異なるので、期間は様々です。

 

            9.アクリル板、ポリカボネートが劣化しない方法はありますか?

             劣化します。原因として考えられるものは、紫外線や夏と冬の温度差、使用されている

                 場所や条件により、劣化する原因も様々です。

 

          10.アクリル板、ポリカボネートの劣化対策にいいものは無いですか?

              平面のアクリル板、ポリカボネートの場合は、劣化するまでの期間を遅らせて、

                 傷防止対策になる方法はあります。

 

          11.バイクのシールドのポリカボネートに傷防止の為、窓用の飛散防止フィルムを貼った

                 のですが、フィルムに傷が付き前が見えないので剥がした所、フィルムの糊がシール

                        に残ってしまったのですが、何か糊を取る良い方法がありますか?

                 有機溶剤は使用しないで下さい。(例、シンナー・アセトン等)

                  有機溶剤とポリカボネートは相性が悪く、使用すると白っぽく変色したり、素材に

                  浸透してしまったり、溶けてしまったりします。又、ソルベントクラックといって

                  (目に見えないひび割れ)がある場合には、有機溶剤と反応して割れてしまう事も

                         あります。専門業者にご相談ください。

                      

 

          12.滑り止めは、どんな素材にも出来ますか?

                タイル・石材・鉄板・グレーチング(溝蓋)・マンホールの蓋・木質系・ガラス

                 ・フローリング等には施工可能です。

 

           13.スリップアウトってなんですか?

                スリップアウトは【ME工法】といい、NETSに登録されている新技術のことで、

                 タイル、石材等の滑り止めに最適です。

                 コーティングでは無いので、ほとんど景観を変えずに滑りを止めることが出来ます。

 

          14.滑り止めの施工は、床材にコーティングをするのですか?

             滑り止め施工は、場所や条件に合わせて施工します。

                  コーティングする方法と、コーティングしないで滑りを止める方法があります。

 

          15.滑り止めコーティングを施工する時に、臭いはしませんか?

             施工方法によりますが、臭いがきついタイプと、ほとんど臭いのしないタイプとが

                 あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップに戻る